注目が集まるスイングpopの魅力

pop広告にもいろいろな種類がありますが、最近注目が高まっているのがスイングpopです。スイングpopとは、その名前からもわかるように、上下左右に動くpopのことです。立体的なので、人間の注意を引きやすく広告効果は抜群。ドラッグストアやコンビニエンスストア、スーパーマーケットなどの陳列棚に貼り付けられているスイングpopは、もうすっかりわたしたちの日常にお馴染みの風景となりました。最近では、電車の中吊り広告でもスイングpopを見かけることが多くなっており、今後もさまざまなシーンで利用されることが期待されています。スイングpopは印刷会社や広告資材の製造会社にオーダーして作るのが一般的ですが、家庭用や事務用のプリンターで手作りすることも可能です。

店頭でのアイキャッチに効果を発揮するスイングpop

スイングpopの最も標準的な使われ方は、店頭においてお客さんの注意を引くためのアイキャッチとして利用される方法です。スイングpopには、「新発売」「キャンペーン中」「今売れています」などという、短いキャッチフレーズが書かれていることが多く、商品棚に並んでいる数多くの商品の中に埋没してしまいがちな商品に、お客さんの目をとめる効果があります。普通のpopよりも設置するのが簡単で手間がかからないというのもスイングpopのメリットです。棚に貼り付ける側には、両面テープが貼り付けてあるため、ワンタッチでどこにでもpopを付けられます。一度貼り付けたから、別の場所に移すのも簡単です。粘着力の強いタイプなら、4~5回以上張り直したとしても粘着力は落ちません。

スイングpopにはさまざまなオプションがあり

スイングpopの製作費は、使用する色の多さや、大きさ、オーダーする数量によってかわります。一般的に、色が少なくて小さなスイングpopを、大量にオーダーすると、製作コストを最小限にすることができます。100枚単位あるいは50枚単位で発注できる製造会社がおおいですが、10枚単位の比較的少量のロットで発注できる会社もあるので、小さなお店でも気軽にオーダーできるのが魅力です。また、折れ加工やエンボス加工、ホログラム加工などをオプションとして追加すると、さらに立体感が増します。通常のコストに加えてオプション料金がかかりますが、キラキラ光ったり、3Dのように浮き出ている文字は売り場で非常に目立つため、コストに見合うだけの効果が期待できます。新しい技術が次々に商品化されており、これからもスイングpopから目が離せません。

販促のためのPOP「スイングPOP・プライスカード・ミニのぼり」の激安通販サイト。 イチ押し・オススメ商品の拡販なら、販促ツールの一番人気「スイングPOP」を! 業界を問わず、販促を強化したい企業様から幅広くご注文をいただいております・ お客様同士のご紹介で、新たにご利用くださるお客様もたくさんいらっしゃいます。 「販促POP」をお客様のデザインデータを元にお作りいたします。 スイングpopの製作なら【販促モア】におまかせください!